セーフリスニングとは?

聴覚を守るために知っておきたいこと

現在、スマートホンの普及により、イヤホン・ヘッドホンを使用して音楽を聴くことは、日常的になっています。実は、そのような中で、若年齢層の音響外傷の危険が高まっています。大音量で音楽を聴く等して、音を聞く役割を果たす「内耳」を傷つけてしまうと、器官の再生ができず、難聴になる恐れがあるのです。そこで、世界保健機関(WHO)をはじめとする各国の聴覚医療機関では、安全なリスニングに対する活動が高まっています。

 

耳の機能を損なう危険性のある音量

上記の中でも耳の機能性を損なう可能性のある音量は、避けましょう。

また、指摘されている時間内でのリスニング(音楽を聴くこと)を楽しむようにして、自身の聴覚を守りながら音楽を楽しみましょう。

 

耳を守りながら音楽を楽しむためには

聴覚を損なわない適正な音量と時間内で音楽を楽しみましょう。

なお、このサイトで紹介するBuddyPhonesは、未だ聴覚を損なわない音量などの区別がつきにくいお子様を対象としたヘッドホンとなっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です